駐在女子はゆるく生きたい

Life Is Beautiful in China

中国から日本へ手紙を出したくて【Webレタックス】を使ってみた!

f:id:nihao11rinko:20180511163209j:plain

こんにちは、実は絶賛結婚準備中のりんこです。

 

海外にいても「手紙を出したい!」ってこと、皆様経験ありませんか?

 

郵便事情は各国・各都市で異なるかと思いますが、

私は上海のポストに家族宛の絵葉書を投函した際、届くまでに一ヶ月半かかった苦い経験から、「二度と中国から手紙は送るまい」と心に決めています。

まあ、ネットには「紛失された」「3ヶ月かかった」なんて体験談がわんさかありますから、今は届いただけでも御の字と思っていますが・・・

 

しかしそんな私に、どうしても日本へ手紙を送りたい案件が浮上!

それが、親あいさつの後のお礼状。

 

先日の一時帰国の際、私の実家と彼の実家へのあいさつツアーを決行したのですが、かなり強行スケジュールで中国へ戻ってきたため、お礼状を日本で書いている暇がなかったのです。

 

中国から、できればメールではなく手紙でお礼状を出したい!

条件は以下の三つ。

・迅速に

・正確に

・ネットで注文できる(EMSもあるが郵便局行くのが面倒)

これをクリアしたのが、日本郵政の『Webレタックス』でした。

 

Webレタックスとは?

Webレタックスは、祝電・弔電を送りたいシーンで、24時間365日いつでも、どこからでも、Webでかんたんにメッセージを送ることができる、日本郵便のサービスです。Webで申し込むことにより、窓口利用よりおトクな料金でご利用いただけます。

www.post.japanpost.jp

これが便利だった!

お礼状代行サービスや電報サービスは数あれど、どれも法人向けだったり、料金が高かったり、文字数に制限があったりで、意外と手頃なサービスが見つからなかったんです。

そんな中、Webレタックスには個人向けサービスがあり、さらに申し込みから支払いまで全てネット上で完結するため、海外在住者にも非常に便利なツールでした。

 

こんな方にお勧め

・ネットで申し込みたい

・手書きじゃなくて良いけど、体裁の整った手紙を出したい

・なるべく早く確実に送りたい

・料金を抑えたい

・1通単位で送りたい

 

私はお祝いやお悔やみではなく、単なる「お礼状」を送りたかったので最も安い「普通」タイプを送りました。 

f:id:nihao11rinko:20180511162635p:plain

意外とこういうフツ~の台紙が、他の電報サービス等にはないんですよね・・

構な文字数を送りましたが、それに伴う追加料金はなく512円」でした。助かりますね。


さらに、スピード感も魅力的でした。

私が申し込んだのは8日深夜(真夜中に必死で書いた為・・)だったのですが、なんと9日の夕方には、相手のご両親から到着の連絡がありました。早い!

公式によると、「おおむね15時30分までにお申し込み頂いた場合、当日配達可能」とのこと。
日本の郵便局ってスゴイ。


ちなみに追跡サービスも利用できますし、配達日の指定も出来るようですので、記念日のお手紙なんかにも活用できそうですね。

 

結論:海外から日本へ手紙を送る際の選択肢に!

f:id:nihao11rinko:20180511163500j:plain

Webレタックスは、申し込みから支払いまで全てネット上で出来るため、海外からでもストレスフリーで手紙を送ることができました。

良いものを見つけたので、今度サプライズで誕生日カードを友人に送ってみようかな~と思っています。

写真を貼ったりして自分好みに作れるんですよ!素敵ですね。

ネット上のメッセージでほとんどが完結する現代だからこそ、海外にいる人から何か届くのって喜んでもらえる気がします。自己満足ですけどねw

海外在住の皆様、もし「日本へ手紙が送りたい!」という機会がありましたら、是非Webレタックスを選択肢の一つにしてみてくださいね。