駐在女子はゆるく生きたい

Life Is Beautiful in China

深セン旅行記「大芬油画村」~絵の具と雨の匂いが交じり合う、世界最大の油絵村

你好!りんこ(@Rin_inChina)です。今回は深センの「大芬油画村」を旅した記録です。

世界の油絵のほとんどがこの村で作成されている」とまで言われる広大な油絵の村。

その正体は、何度でも訪れたくなる魅力を孕んだ、ノスタルジックあふれる素敵な村でした。

 

アクセス 

油画村の最寄り駅は、地下鉄3号線の「大芬駅」。

深セン宝安国際空港から11号線で福田駅へ。3号線に乗り換えて14駅目が大芬駅です。

トータル所要時間は1時間半ほどでした。

 

深センの地下鉄は新しくてとっても綺麗。QRコードの読み込みも超絶速いし、さすが「深センスゴイ」ですね。案内表示も多いので、旅行者にも安心!

大芬駅A1出口を出て、左手にスタバなどが入るショッピングモールを見ながらまっすぐ五分ほど歩けば、油画村に到着です。

道案内の看板も点在しているので、迷うことはありませんでした。

 

村を散策してみよう

私が訪れた際は入り口付近が工事中で、美術館へ続く狭い仮設の通路を抜けていきました。

通路脇では大小さまざまな油絵が売られています。クオリティも値段もピンキリ。

美術館を背に道を進むと、業者たちが重そうな額縁を軽々と担いで通りを闊歩しています。ふと横に目を向けると細い通路がそこかしこにあり、屋根の下で人々が油絵の制作活動に勤しんでいるのが見えます。

こんな楽しげな光景見たことない!これから始まる村の散策にムクムクと期待が膨らみます。

 

iPadで元絵を見ながら、細かく絵を仕上げていく若い兄ちゃん。地元のおばちゃんたちは作業中でも気にすることなく話しかけています。わたしも混じってしばし見学。

 

基本的には写真NGですが、一言声をかければ多くの人は気軽に撮らせてくれます。若い人も多かったですね。美大生なのかな?

ただ、明らかにプロっぽい、賞状や資格を思いっきり掲げている画家さんにはさすがに声をかけられませんでした(もちろん撮影NG)。そういう方々は一目でわかる壮大な絵を描いていたので、ずいぶん長いあいだ見学させてもらいました。

「欲しい絵があったら言ってね~」と声をかけてもらいましたが、恐れ多くて値段を聞けませんでした・・・

 

こんな素敵な建物も発見。中は画廊になっており、吸い込まれるように足を踏み入れてしまいました・・・これは抗えない。

自分の画廊を持っているような画家さんたちはみんなWechat ID入りの名刺を持っています。画廊で気に入った絵を見つけた時は、積極的に名刺をもらうようにしました。

 

自分の似顔絵を書いてくれるようなお店もありました。ちらっと見た値段「20元」って、安すぎでは?!ちょっと気になります。

 

村に点在する額縁屋からは絶え間なく、ホチキスを止める「カシャッカシャッ」という音が鳴り響いています。絵の具の匂いと交じり合って、なんともノスタルジーな雰囲気。一日中ここにいても飽きません。 

 

絵を買ってみよう

雨が降ってきたので急いで雨宿りにと入ったお店の絵を眺めていると、何か惹かれる素敵な一枚があったので、値段を聞いてみることに。

提示されたのは120元でしたが、80元まで値下げしてもらいました。頑張ればもう少し下がりそうでしたが、先ほどまで若者たちが熱心に絵を描く姿を見学させてもらっていたので充分だなぁ、と。

こちらが購入した絵。何気ない風景の中に人がポツンといる絵がすきなのです。お部屋に大事に飾ります。 

 

展示してある絵は基本的に売り物ですが、値段が書いていないものがほとんどです。気に入ったものがあったらまずは値段を聞いてみましょう。

ものによっては「2枚50元」などと叩き売りに近い値段が既に表示されていますので、その中から掘り出し物を探すもよし。宝探しみたいで、楽しいですね~。

贋作のクオリティもピンキリですので、本物の絵をスマホで見ながら見極めてみてください。

ぜひお気に入りの一枚をご家庭に。 

 

結論:大芬油画村は最高に魅力的な場所だった!

深センに来るまでほとんどその実態を知らなかった大芬油画村ですが、一度訪れたら帰りたくなくなるような、不思議な魅力に溢れた場所でした。

村全体が美術館のような、芸術大学のような、しかしそこには確かに村人たちの生活が息づいている。ノスタルジックな雰囲気に包まれた、どこかおとぎ話のような村です。

 

美術館や絵が好きな方なら、ドハマリすると思います。わたしがそうでした(笑)

基本的に画廊や絵は撮影NGなので、この記事で全ての魅力は到底お伝えしきれません。ぜひとも現地へ足を運び、体験していただきたいです。

その息づかいを、ご自身の目で耳で、感じてみてくださいね。