駐在女子はゆるく生きたい

Life Is Beautiful in China

日本にも続々と進出!?勢いを増すMINISO(メイソウ)の個人的オススメ商品ランキング!

f:id:nihao11rinko:20180806184230j:image

大家好、りんこ@中国駐在(@Rin_inChina)です!

MINISOがついに千葉県にも進出ときいて。イチMINISOファンのわたしとしては黙っちゃいられません!

 

当初は「DAISOと無印良品を掛け合わせたパクリ」「エセ日本ブランド」的な扱いを受けていた当ブランドですが、中国在住のみなさま(特に女性)ならお分かりの通り、もはや中国生活に欠かすことのできないお店の1つですよね。

ダイソーの店舗が続々と撤退している一方で、世界各国で着々と知名度を上げているメイソウ。このマーケティング力&勢い、もう「パクリ」とか馬鹿にはできません。

 

とまぁビジネス的なことは置いておいて(ネット上にたくさんありますので)、この記事ではMINISOに週3回は通うわたしが独断と偏見で選んだおすすめ商品をランキング形式でご紹介します

MINISOをよく知らない方も、ヘビーユーザーさんも、コスパ最強商品の数々をぜひともご覧あれ。

 

※MINISOの強みは商品入れ替えの圧倒的スピード感なのですが、それゆえに、ここでオススメした商品の取り扱いが今後なくなる可能性は低くありません。あくまでも「こんなん売ってるんだ~」くらいのゆるさでご覧くださいませ。

 

第5位 モバイルバッテリー

やばい、充電なくなった!というときに慌てて買ったんですが、使い勝手が良くて未だ現役。しかも1年半経過して、その力量はまったく衰えず。

わたしが持っているのは4,000mAhのバッテリーですが、お値段は49元(約800円)です。大容量の10,000mAhでも89元(約1500円)と格安。

スマホの充電が命にも匹敵する現代中国では、モバイルバッテリーもまた命綱なんですよね。国民の需要にマッチする品揃え、いや~すごいなぁと思います。

 

第4位 コスメ

MINISOのプチプラコスメの品揃えは目を剥くものがあります。いくたびに新商品が出ているくらい、商品入れ替えのスピードもすさまじい。

わたしがよくお世話になっているのは、こちらのアイブロウ。以前使っていた外資系ブランドの大ヒット商品にそっくりですね。

眉メイクにそこまでこだわりがないので、わたしの眉はこのアイブロウ+CANMAKEの眉マスカラで完成です。プチプラコスメ最強。

中国女性はリップに力を入れている方が多いようで、発色の良いリップがこれでもかと並んでいます。原色系が多い印象ですね。赤リップの流行はいまだ健在。

そして、「これあのブランドのデザインでは・・・?」というものも、しれっと一緒に並んでいます。玉石混合、これぞMINISOの醍醐味です。

 

第3位 ルームフレグランス

最近力を入れているのか、次々と新商品を出しているのがルームフレグランス。キャンドルから消臭剤まで、いろいろ揃っております。

見た目のセンスがそれなりに良い上に、値段が手ごろ(10元〜30元ほど)なのでついつい手が伸びてしまいます。しかしどこかで見たようなデザインが並んでますね、あいかわらず(笑)

こちらはわたしのお部屋でも活躍中。 デザインが好き。香りも思いのほか上品で良い感じです。

こちらのサシェも使い勝手がとても良く、わたしは中国生活当初からかれこれ2年半以上お世話になっています。 5パック入りで10元(約170円)。

リボンがついているので、クローゼットにかけたり、そのまま引き出しに入れたりして使っています。ぜひお試しあれ。

 

第2位 マニキュア

発色が想像以上に良い!!!デパコスから100均マニキュアまで色々使ってきましたが、個人的にはかなり上位にランクインしてます。

 

わたしが特に気に入って使っているのは、こちらの「はがせるマニキュア」シリーズ。水性なので爪を傷めている感じがしないのに、発色が意外と良いんですよ。しかもそのお値段「2つで10元(約170円)」って、破格すぎでは?!100均より安い。

 

第1位 イヤホン

個人的コスパ最強商品はこちら!MINISOのロングヒット商品(らしい)です。

これだけ安ければ、すぐに壊れたって全然OK!と思うんですが、わたしの買ったものは1年経ってもまだ問題なく使えているから驚きです。すぐダメにしちゃう人なんですが。

プロが聞いたらどうか分かりませんが、素人耳からすれば特にサウンドも問題ありません。 大人買いしても惜しくない値段なので、いくつか買って色んなカバンに入れています。

値段も質もピンキリで、安いものだと9.9元(約170円)、上は100元~200元(約1700円~3400円)くらいまでそろっています。

なんとBluetooth(中国語だとそのまんま蓝牙)イヤホンまで。わたしは使っていないのでわかりませんが、使用感はどんなもんなんでしょう。もし使ったことのある方がいれば、ぜひ教えてください。

 

番外編 ユニクロっぽい衣類

実はけっこう使えるのがMINISOの衣類。ユニクロばりにシンプルな、かつシーズンに合った商品が並んでいます。

男物も女物もそろっており、下着は15元~、靴下は10元~と、出張者も大助かりのお値段。出張先・旅行先で「あっパンツ忘れた!」というときは、MINISOに走りましょう!

 

MINISO、結構よくないですか?

というわけで、MINISO(メイソウ)の個人的オススメランキングを紹介してまいりました。気になるものはありましたか?

 

日本の店舗の品揃えは、まだ中国ほどではないという噂もありますが、これからだんだんと揃っていくのでしょうね。

いまや中国だけではなく、世界各地で目にするMINISOの看板。見かけたらぜひ中をのぞいてみて下さいね!